新年明けましておめでとうございます
正月

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします


レギュラー番組エフエムあまがさき「子どもの世界」
応援ありがとうございます、お陰様で6年目に入りました。
これからもよろしくお願いします。

プレイガールのファンの皆様には嬉しいお知らせがあります。
二月より東映チャンネルで再放送が始まります。
詳細はプレイガール再放送
をご覧くださいね。

ブログ更新も頑張りますね、今年もよろしくお願いします。

【2017/01/03 16:05】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
皆様よいお年をお迎えください
今年もたくさんの方にブログにお越しいただきありがとうございました。

来年もまた素晴らしい年でありますように心よりお祈り申し上げます。



プレイガール三枚
【2016/12/30 12:10】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
エフエムあまがさき
エフエムあまがさき  毎週日曜日午後2時からの
「原坂一郎と片山由美子の子どもの世界」

12月4日の放送に出演してくださるボーカリストの
「佐々江辰弥」さんとの写真です。

皆様聴いてくださいね~


IMG_20161127_105344_convert_20161130212747.jpg


【2016/11/30 21:44】 | ラジオ放送 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アデライン・100年目の恋
『アデライン、100年目の恋』((原題: The Age of Adaline)2015年公開。

100年以上の時を29歳の姿のままを生き続ける「アデライン」という一人の女性が、
真実の愛を見いだすまでの軌跡を、描いたファンタジックラブストーリー。

主演はブレイク・ライヴリー

繧「縺ァ繝ゥ繧、繝ウ荳サ蠖ケ_convert_20161029143343

恋人エリス役のミキール・ハースマン

諱倶ココ_convert_20161029143438

エリスの父親役はベテラン俳優ハリソン・フォード

諱倶ココ譏斐・_convert_20161029143533


アデラインは数奇な出来事を経験するうちに、不老の体となり
その事実を知られないようにするために、アデラインはたびたび名前を変える必要があり、
当然のごとく、アデラインの恋は長続きすることがなかったのですが~
どうなりますか皆様映画をごらんくださいね。

私は主演のブレイクの魅力に参りました、素敵です。

不老不死をテーマとした映画はよくありますが
だいたいエンターテイメント的に扱いやすいアクションが多く、
「永遠に若く美しくいられれば本当に幸せなのだろうか?」
という女性の視点で不死の恋愛を描いた作品はすくないですね。

不死をあまり現実的に見つめず、
夢の世界の出来事、不死の女性の世代を超えた恋愛の記録と捉えて
楽しんでほしいと書かれていました。

アでライン
【2016/10/29 14:01】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イチロー先生の還暦パーティー
9月10日に子どもコンサルタントの原坂一郎先生の
還暦お祝いのパーティーが行われました。

繧ヲ繝ォ繝医Λ_convert_20160913210332繧「繝九Γ蜈育函_convert_20160913210241

怪獣博士としても、ウルトラマン好きでも有名な先生です。
ウルトラマンのお誕生日ケーキでご満悦
 
先生とケーキ


会場には還暦にちなんで60名が招待されました。
会場

原坂一郎先生のヒストリーでは、保育士時代のお写真がたくさん公開され、
さすがスーパー保育士さん!と思いました。

原坂ファミリーの出番です、
シンガーソングライターの「そえんじ」さん、「7丁目」さん、「佐々江辰弥」さんの歌です、
ウルトラマンシリーズの中の歌から選んで
歌う事が原坂先生からの条件でした。

うた


ウルトラマンの科学特捜隊の制服に着替え、歌に参加した原坂一郎先生
とても楽しませていただきました。

盛りだくさんのプログラムで原坂先生は出ずっぱりでした~
なんと芸達しゃな~~
先生と歌


私はラジオ放送  {FMあまがさきの日曜日2時~3時  
「原坂一郎と片山由美子の子どもの世界」}
の中で昔話を朗読するコーナーを
原坂先生と再現させていただきました。

由美子

「感謝の意を込めて~ご招待のお客様に楽しんでいただけたら~」と
原坂先生は仰いました、本当に楽しいパーティーでした。
これからも益々「原坂一郎」先生のご活躍をお祈りしてます。



【2016/09/13 22:48】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ