スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
イタリアからのインタビュー♪
ご無沙汰しました、久しぶりぶりのブログになってしましました。
5月の陽気としては寒い気がしますが~
花粉症で辛い毎日でしたが、
やっとマスクなしで外にでられるようになりました。

今回はお知らせブログです。

イタリアでアジアの映画を紹介している一番のウェブサイトがあります。

Aaian Feast.org


このサイトで、私が1960年後半~1970年代
に出演しました映画、テレビドラマについての
インタビューが掲載されました。

日本語訳はこちら

皆様に見ていただければ嬉しいです。


さそりの服
奇形人間ゆみこ
ユミコタイツ




ランキング登録してます、ポッチとお願いします★ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村















スポンサーサイト
【2012/05/15 13:33】 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(11) | page top↑
<<ロボとウルトラマンA | ホーム | おんな命の預け方>>
コメント
由美子さんファンにとっては大変興味深いインタビューで、楽しく読ませていただきましたよ!

お知らせありがとうございます!
【2012/05/15 17:30】 URL | 参喪 #ktP8Jui6[ 編集] | page top↑
お久しぶりです、というかココへはちょくちょく来てたので、コメントがお久しぶりですv-221 日本語訳のページ読んできました! 私の知らない片山さんのすごい歴史がわかって、気軽に話しかけてた私の行為が恥ずかしくなりました。
【2012/05/15 21:18】 URL | ズラえもん #-[ 編集] | page top↑
Wow!
わあ、すごい!

由美子さんの映画は、欧米で特に
人気が高いのね。

なんか尊敬してしまいますよ。

本当にイタリアに一緒に行きたいね!
【2012/05/15 23:18】 URL | Madame Rumiko #xQ6NVbnA[ 編集] | page top↑
インタビューでも触れていた旅に出た極道を最近見ました。文太さんとの共演シーンも見れて良かったです。セリフは少なめでしたが重要な役柄でした。文太さんは市川雷蔵さんと共に好きな映画俳優の一人です。
【2012/05/15 23:47】 URL | プレイボール #-[ 編集] | page top↑
こんにちは!スカイツリー関連の仕事が朝から早くて中々これませんでした!
asianfeast.org拝見しましたよ。
片山さんが苦労した所を読むと、胸がキュンキュンしてしまいます。
やっぱ、悩むことが沢山あったんですね。
でも、チャンスを逃さない片山さんの早い判断力と度胸が、凄いと思うし、そこが大好きな所です。
私の娘は、20になりますが、全然子供!
なにかに書いてあったけどチャンスという形は、丸いボールで、前半分が毛だらけ、後ろ半分がツルツルで、
前から飛んでくる!
すばやい判断で掴めるけど、過ぎるとツルツルで取れないらしいです。
片山さんって、生まれた時に、よーいスタート!って、お産婆さんがカチンコならしたんじゃないのかな?
世界の映画サイトに取り上げられて、凄いです!!!
ではまた!今日はタウン行ってきまーす!
【2012/05/18 08:32】 URL | 笑顔! #-[ 編集] | page top↑
こんにちは!

インタビュー読ませて頂きました。

イメージを払しょくするのに苦労したというお話を読んでいて、ショーン・コネりーやファラ・フォーセットのことを思い出しました。

ショーン・コネリーは、ジェームズ・ボンドのイメージを払しょくするのに10年近くかかったという話を聞きましたし、ファラ・フォーセットもチャーリーズ・エンジェルのイメージを払しょくするのに8年かかってますし、役者さんって大変だなあ、と、思いました。

チャーリーズ・エンジェルは、懐かしいです。
といっても、僕が生まれる前の作品ですので、リアルタイムで見ていたわけではありませんが、映画がきっかけで、オリジナルに興味を持ち、DVDも購入してしまいました。
(あのころは、エンジェルに夢中でした)

10年ぐらい前、友人にも勧めたことを思い出しました(笑)

いつか、ブログで紹介できたらなあ、と、思っています。

長くなりました。。。





【2012/05/18 15:41】 URL | プレイガール大好き男 #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございました★
皆様早々とインタビュー記事を、読んでいただき、嬉しいです。ウェブでの文章インタビューでしたので、私も文章にして答えなければいけませんので、文才のない私には、大変でした、口答でしたら、もっと面白く、そしてわかりやすく、お話できたと思います。「アジアンオルグ」の会社の方がたは、70年代の映画ファンですので、とても詳しいのには、驚きました、遠い海の向こうで自分の映画を観ていただいていると思いますととても不思議なきがしますと同時にこの仕事をしてきてよかったなぁ~~って思っています。そしてこのブログにお越しいただいています皆様に呼んでいただいたことは、幸せです。ありがとうございました☆
【2012/05/19 16:07】 URL | 片山由美子 #hiiZJbic[ 編集] | page top↑
すごいですね!
よみごたえばっちりのインタビューでしたね!でも本当に大変なことも多々あったのですね・・・片山さんって本当にGlobalというかInternationalですよね、あの大監督のクエンティン・タランティーノ氏も片山さんのファンですからね!

とっても楽しかったです。また今後もいろいろなことを聞かせてください。どうぞ宜しくお願いします。
【2012/05/19 18:09】 URL | かねぼん #-[ 編集] | page top↑
イタリアのインタビュアー
こんにちは。ごぶさた致しております。BOSCOです。(^_^)

遅くなりましたが、早速私も記事を読ませて頂きました。

海の向こうにも、深い関心を抱く人がおられて、片山さんのお仕事に注目しているのですね。片山さんが改めて言葉にされた経験とお気持ちは貴重な記録として残っていくと思います。本当に大きな仕事をされたと思います。

実は、イタリアのインタビュアーにも感心しています。(ひょっとして自動翻訳?な、日本語訳の言葉選びはご愛敬ですが、)すごくツボを押さえた専門的な質問を繰り出されてますよね。

ただの異国趣味では決してない、深い理解をもとにしてのインタビューと思いました。(見ていない映画を、見ていないとはっきり言って、知ったかぶりをしないのもかえってプロな印象をもちます。これは心したいものです)

ふと、昔イタリア語の初歩を教えていただいたイタリア人の先生が、たくさんの漢字カードを一生懸命繰ってらしたことを思い出しました。

長々と失礼しました。m(__)m  世界の片山由美子さんに乾杯 (^_^)/P
                         BOSCO
【2012/05/21 17:51】 URL | BOSCO #-[ 編集] | page top↑
こんにちは
残念!PCなく携帯から翻訳文見れないんです。
見たかったな~
私はフランスよりイタリアの映画・文化が好きなのであちらの方はどんな感覚であの頃の任侠物など見てるのかな?凄く興味深いですね。『ずべこう』とか『アバズレ』とか洒落のわかる仲間とはよく冗談で会話の中で使ったり(笑)しますが私の世代だと汚い言葉ですがなんだかカッコイイというか粋な響きなんですよね☆女性のファッションやメイキャップも当時イタリアの方にも負けない位スタイリッシュでしたからきっと受け入れ易いのではないでしょうか?
【2012/05/27 16:06】 URL | yum☆ゆん #-[ 編集] | page top↑
最高でした
インタビュー、拝読させていただきました。
とにかく世界中に存在し、今でも日々、増殖し続ける片山由美子様のファン、全てが感涙の特集だと思います。

そしてインタビューの中で惜しくも取り上げられなかった多くの作品についても、何れは紹介されると願うばかりです。

個人的には「関東テキヤ一家・天王寺の決斗」における片山由美子様の演技が大好きなんですよ♪
全く台詞が無いのに、登場すると、完全に目が釘付けになります。所謂「美味しいところ」を全部持っていってしまう存在感は最高で、カメラワークもメインで狙っていたんでしょうか。
相当にシビアな劇中場面で、最高に輝いた名演だと思っています。

長々と失礼致しました。
【2012/09/16 19:56】 URL | サイケおやじ #tR0Y9Tco[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuminko12.blog74.fc2.com/tb.php/100-bca0b94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【イタリアからのインタビュー♪】
ご無沙汰しました、久しぶりぶりのブログになってしましました。5月の陽気としては寒い気がしますが~花粉症で辛い毎日でしたが、やっとマスクなしで外にでられるようになりました。今回はお知らせブログです。イタリアでアジアの映画を紹介している一番のウェブサイトが... まとめwoネタ速neo【2012/05/17 04:24】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。