スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
番格ロック
1970年代は、女番長映画が流行りました
東映では、「三匹の牝蜂」、「ずべ公番長シリーズ」、
「女番長シリーズ」など~
大映映画でも「高校生番長シリーズ」
日活映画では他の映画会社より早く作られた「野良猫ロック」

私はテレビドラマ「プレイガール」レギュラー出演と
スケジュール調整して、殆どの女番長映画にゲスト出演しました

今回ご紹介の映画は、1973年の作品「番格ロック」です
タイトル説明

「番格」という言葉の意味が、最初の画面に説明されます
キャロルの「番格ロックのテーマ」の曲にのって物語りが始まります。
この主題歌がとても素敵です、まるで青春映画のようです~(青春映画ではありますが~)

タイトル
逕ア鄒主ュ仙ァ九a_convert_20130914121925

ストーリーは、番長グループ抗争~私の役は「総番長」

主演は「山内えみ子」さん この映画がデビュー作品です
山内アップ

私のグループの敵方で
山内えみこのタイマン相手を演じる「柴田鋭子」さんは、
普通のお嬢さん役が多かったように思います、
この映画では、個性的でシャープな演技を見せています

柴田アップ

グループの一員が殺されたことから、
抗争する二つのグループほぼ全員が警察に連行され、
警察での取調室のシーン~
刑事役の「室田日出男」さんの迫力ある芝居は皆様ご存知だと思いますが、
私を連行する場面では、本当に怖い刑事さんでした、
普段は優しいかたですが~(そういえばジャイアントロボでは「ブラックダイヤ」でしたね)

取調べ

この作品で一番の悪役~「鹿内 孝」さん
「本牧メルヘン」好きでした、
俳優としての活躍もすばらしいですね
鹿内孝

この居酒屋が2回登場します、なんとそこの主人役が、
「ジャイアント・ロボ」で「レッドコブラ」役を演じている「三重街恒二」さん

山内居酒屋

山内えみこさんの恋人役「誠 直也」さん
こんな優しい顔してますが、ヤクザなんです
隱逶エ荵溘い繝・・_convert_20130914121728

総番長役ですから、凄みの在る台詞が多かったです
由美子怒る

私達グループのたまり場になっている場所で、
歌っているバンドが「キャロル」でした
なんと贅沢と思いますでしょう~
由<br />子アジト
由美子捕まる

ラストシーン~
ヤクザの悪行が許せず、ライフルで~

山内ラスト

「番格ロックのテーマ」の曲が心に沁みました
「内藤 誠」監督作品




ランキング登録してます、ポッチとお願いします★ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村
スポンサーサイト
【2013/09/14 12:25】 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(13) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。