スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
特捜隊ゲスト
333話タイトル
「特別機動捜査隊」1961年から15年半放送されました、刑事ドラマです、
覚えてますか~
私は、劇団の頃何回かこのドラマにでました、
殆どは、小さな役でしたが、この「333話」は、
大きな役でした。
1968年に放送されたものです。
二宮ゆき子

ゲスト主役は、当時とても売れていた演歌歌手「二宮ゆき子」さん、
「まつのき小唄」が大ヒットしましたね。

二宮さんは、性格のいいこれから売り出す歌手役でした。

由美子アップ

私は、このときは17歳でした、役は21歳の歌手で、
二宮さんをねたむ悪役でした。
高杉とゆみ

この頃は悪役といえば、決まった方がたがいました、そんな中でこの方も
悪役俳優さんとしてよく知られていましたね~
「高杉 玄」さんです、この作品の後に「プレイガール」でも
共演しました。
二人で共謀して、二宮さんを落とし入れますが~

由美二宮

美しい二宮さんに比べ、私はとても憎憎しいです。
ということは~(お芝居が上手くできていたんですね)

由美死

死んでいる私です。
さて~誰が殺したのか~
立石班の捜査が始まります。

立石班

立石主任には、七色仮面や、刑事もので実績のある「波島 進」さんが主演。

愛田と二ノ宮

このドラマは実在の歌手(主にコロムビア専属が多い)が
クラブなどのシーンでの歌い手として顔見せ出演したり、
実在のキャバレーのダンサーや文化人がそのままの役で出たりといった
従来のドラマでは不可能と見られる試みがなされました。
また地方ロケでは、その地方出身の役者を起用することが多かったのです。

このストリーも、二宮さんの友人として、歌手の愛田健仁さん(1967年に「京都の夜」が
大ヒット)が特別出演し、劇中に出てくる琵琶湖で「琵琶湖の少女」を歌ってます。

ラスト立石班
ドラマの最後は、犯人逮捕です~
立石班の活躍により、私を殺した犯人が逮捕されました。

他のドラマでよく悪役をされている、
名バイプレイヤー「近藤 宏」さんも今回出演されていまして、
犯人かな?と思わせますが、違うんですよ、
悪役ではないんですよ~

「近藤 宏」さんも後にプレイガールで共演させていただきました。
本当に優しくて、温厚なかたです。
東映の映画での親分や、時代劇の悪商人などでは、
本当に迫力ある怖いひとに見えますよね。
上手いんですね~
お芝居って本当に深いですね♪



ランキング登録してます、ポッチとお願いします★ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村
スポンサーサイト
【2013/08/20 17:20】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。