石井輝男監督と~
石井

1969年には、石井監督作品には、5本も出演していました。
主演作「徳川いれずみ師責め地獄」、「ハレンチ」「私刑」
「恐怖奇形人間」、そしてこの写真の「明治・大正・昭和猟奇女犯罪史」
撮影に入るまえにお祓いを神社でしていただいたときのもので、
石井先生との唯一の写真です。

サングラスをかけていらっしやるのが、石井先生です。
その左が、小池朝雄さんです。
私は一番左です。

この作品は、実在の事件を題材にした、オムニバス映画です。
その一つの「小平事件」に出演しました、
私の役は、17歳の少女役で、連続殺人犯、小平に殺されてしまします。

小平に扮しました、小池朝雄さんは、素晴しい俳優さんということは、
皆様もご存知ですが、善人、悪人と分け隔てなく演じる
本当に凄い方です、この役でも、殺しにかかるときの、目はすさまじいものでした。
撮影の合間では、温厚なかたでした~

石井先生は、俳優さんにはとても優しいかたで、
細々と演技指導はなさらず、ここぞというところを
しっかり教えてくれます、私は、本当に芝居がやりやすい監督さんでした。

2005年にお亡くなりになりました、先生の生前の意志により、
網走市内の潮見墓園に墓碑が建てられ、遺骨が納めらました。
「安らかに 石井輝男」と記された墓碑の碑文は、高倉健さんによるものです
石井先生のの功績を讃え、博物館網走監獄の正門前に石碑“映画『網走番外地』撮影地の碑”が建てられ、
同年8月6日に除幕式が行われたそうです。

そういえば、1970年に「監獄人別長」の映画も網走刑務所の物語でした。
私は、中標津のロケに参加しました、氷点下20度のなかでの撮影は厳しかったです。
灯油缶に火をおこして撮影の合間に、石井先生とあたったのを思い出しました。
スポンサーサイト
【2012/07/24 19:45】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム | 次ページ