るろうに剣心
rurokenn.jpg
「るろうに剣心」は、私の息子が小学校の時に「少年ジャンプ」連載からのファンで,
テレビアニメも大好きでした、勿論劇場映画も足を運びました。

私は本は読みませんでしたが、アニメは子供と一緒にみていましたので、
私もこのアニメのファンになり、
剣心の声の「涼風真世」さんの声が好きでした。
そして「和月伸宏」さんの画がだい好きです。
るろけん一人
剣心
2012年に実写版の「るろうに剣心」が公開されました。
大好きな「佐藤 健」が剣心役だなんて、本当に嬉しかったです。
8月封切りの「京都大火編」すごーく楽しみです。


健
るろけん京都編


ランキング登録してます、ポッチとお願いします★ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村
FC2 Management
【2014/07/02 22:31】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
FM 尼崎「子どもの世界」
4月の放送から少し内容が変わりました。
聞いてくだった方は気がついたと思います。
月初めの週は、「子ども占い」コーナーが入りました。

神戸本町占いサロン 「ティンカーベル」の瑞 沙凛(みずきさり)先生が、
生まれ月で占ってくださいます。
大人も参考にしてください。

神戸本町占いサロン「ティンカーベル」に行って、
「子どもの世界」を聞いたと言って下さい、割引料金にしていただけます。

「懐かしの子ども番組」のコーナーへのリクエストは、
番組の紹介、挿入歌、エンディング曲など様々の思いでをお寄せくださいね。
お待ちしてます(私のコーナーへもお寄せください)
写真

リクエストの宛先です。
メールアドレス   mail@fmaiai.com



ランキング登録してます、ポッチとお願いします★ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村
【2014/06/04 20:51】 | ラジオ放送 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
一休寺は癒し♪
「はぁ~い。あわてないあわてない。ひとやすみひとやすみ」
この台詞覚えてますか、私はこのアニメ「一休さん」は好きな番組でした。

一休さん(いっきゅうさん)は、日本の禅僧、
一休宗純の子供時代の説話『一休咄』などを基にしたものです.

この一休さんが晩年住まれたお寺「酬恩庵」通称「一休寺」が
住まいから近いのです。

寺は京田辺市薪にあります。一休さんが京田辺市薪の酬恩庵に住まわれたのは、
室町時代中ごろの、1456年(康正2年)の、63才のころでした.

そして、同じく室町時代の1481年(文明13年)11月21日、
88才で亡くなられるまでの約25年間、一休寺は晩年の住み寺となりました。
一休寺門前


万丈庭園がとても綺麗です。

江戸時代初期の代表的な庭として国の名勝に指定されています。
南庭、北庭、東庭の三面からなる方丈庭園は
それぞれがちがった風情を感じさせてくれます。
一休寺庭

顔出し看板は最近人気がありますね、
昔は子供が喜んで顔をだしたものですが、
今は大人が喜ぶらしいです~私も~

一休


ランキング登録してます、ポッチとお願いします★ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村
【2014/05/05 10:34】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
信楽焼きのたぬきちゃん♪
滋賀県信楽町に行きました。
私は父親の実家がこの辺でしたので、出生届けは水口町でした。

2004年10月1日に、水口町、土山町、甲賀町、甲南町との合併に伴い町名は廃止され、
甲賀市(こうかし)となり現在は「甲賀市信楽町」の地名になりました。
私は水口町という名前が好きでしたので、少し寂しいですね。

信楽町(しがらきちょう)は、陶磁器の信楽焼で有名ですね。
陶磁器の製造卸しのお店です。

信楽の窯元のお店
たぬきの中

信楽でどこへ行っても出会うのが、狸の焼き物。
なんとなく憎めないこの姿かたちは「八相縁起」と呼ばれる縁起を表しているそうです。
「信楽=狸」というイメージは、昭和26年、昭和天皇の信楽行幸の際、
小旗を持ち沿道に延々と並んで天皇を歓迎する信楽狸が全国に報道され、定着したそうです。


ここはレストランです、たぬきの顔の下がこのお店の入り口です。
お土産もたくさん売ってます、すごい迫力でしょ~
信楽レストラン



我が家が購入しました、たぬきちゃん♪
どうぞ我が家をよろしくね♪

家のたぬき



ランキング登録してます、ポッチとお願いします★ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村
【2014/04/21 14:24】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
南山城古寺巡り
私の住まいからは、京都や奈良に観光に来た方がたが、足を伸ばして訪れる「南山城」が近いです。
京都府南部、木津川流域が「南山城」と呼ばれます。

古都奈良と京都の中間地域にあたるこの南山城には奈良~平安時代以来の古い寺院が点在して、
現在まで貴重な文化財を大事に守り伝えています。
そんなお寺が本当に近くにあります。


最初に行ったのが観音寺でした、我が家から車で10分のところで、
国宝の十一面観音立像があるお寺なので驚きました。
観音寺

少し変わった名前のお寺がありました、「海住山寺」といいます。
海住山寺とはなんと心引かれる名前でしょう。また山中にある寺で謎めいています。

この名はここに住んだ鎌倉時代の名僧貞慶が、
海は観音の誓願の海を表わしてそこに安住する意と、
観音の住みかである補陀落は海中にある山であることに因んで付けたと言います。

鎌倉時代の五重塔(国宝)が今ものこり、仏像をはじめ絵画や工芸作品を多く伝える文化財の宝庫です。
海住山寺の5重の塔

次は「浄瑠璃寺」です、このお寺は、私の住まいまら30分ぐらいでしょうか~
浄瑠璃
池をはさんで、国宝の本堂(九体の阿弥陀如来像が安置されています)と
国宝の三重塔が向かい合い、平安時代の美しい庭が広がります。


この浄瑠璃寺から徒歩圏内の「岩船寺」です。別名「紫陽花寺」と呼ばれています。
重要文化財の三重の塔です。
いわふね2

本堂と阿字池です。(端居るのは私です)
岩舟本堂2

岩船寺、浄瑠璃寺付近には当尾石仏群と称される鎌倉時代を中心とした石仏や石塔が多数残り、
その中には鎌倉時代の銘記を有するものも多いそうです。
当地は中世には、南都(奈良)の寺院の世俗化を厭う僧たちの修行の場となっていたそうです。

木津川流域に点在する古寺は、まだまだ沢山あり、
国の指定文化財となっている十一面観音立像や千手観音立像、
釈迦如来坐像といった数多くの仏像が安置されてます。

私も時間の許すかぎり巡りたいと思いました。

古寺の周りはのどかな田園や竹藪が広がります。

そんな中を犬を連れて歩き、お寺に参拝するという、
なんともゆったりとした時間が、私の至福のひと時でしょうか~

竹やぶ犬




ランキング登録してます、ポッチとお願いします★ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村
【2014/03/28 22:49】 | 生活 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム | 次ページ